横浜でわきがにお悩みの方へ~完治の秘訣はクリニック選びにあります!

治療費用と保険適用

料金は治療法によって異なります

治療や手術の費用は、クリニックによっても、方法によってもさまざまでした。

たとえば、ボトックスやレーザーなどの治療方法では、6~8万円。クリニックによって大きな価格差があったのが、根治手術です。保険を使って4万円以下で施術してくれるところ、15~16万円のところ、35万円以上~、範囲によってもっとかかるところ。

ただ、内容と照らし合わせてみると、なるほどな、とうなずけることが多いのも事実でした。

保険は適用できるの?

そもそも、保険は適用できるのでしょうか。もしも保険が使えれば、費用はかなり違ってきます。

そこで調べてみると、わきがの手術は、保険診療上でいうと腋臭症手術という項目に当てはまり、保険診療できることが定められているそうです。ただ、そのうえに独自の機器や方法を用いたりするので、材料費・手間が余計にかかってしまう場合もあります。なので、クリニックによっては、適用しないところもあるようです。

また、稲葉法やクアドラカット法(アクティブサクション法)、超音波剪除などは保険では受けられません。いわゆる皮下組織剪除法という方法を用いた場合のみ適用できます。

保険で受ける場合の制限

たとえば歯医者でも、保険の範囲内でと指定すると、治療法は限られてきますよね。同じ治療でも、使える素材が安いものだったり、長持ちしなかったり、見た目に美しくなかったりします。

同じことがワキガの治療にもいえます。最新の方法や設備を用いると、どうしても保険の範囲を超えてしまって、思う存分治療ができないという話もよく聞きます。保険の範囲内で治療を行おうとすると、クリニックの経営もたちゆかなくなるのだとか。

受けるほうも保険という安心感からか、予約をかんたんにドタキャンしたりして、相互の信頼関係も甘くなるのだそうです。プロの仕事って、やっぱり信頼関係。お医者さんが治療にのぞむテンションも、見えないところで変わってくるのかもしれないですね。