横浜でわきがにお悩みの方へ~完治の秘訣はクリニック選びにあります!

ワキガの原因

ワキガの成分

わきがはアポクリン汗腺から出るアポクリン汗がもとになっています。それは、アポクリン汗を構成している成分も大きく関係しています。
いわゆる、単なる汗であるエクリン汗のほうは、一日約2リットル前後と量は大量ですが、塩分や乳酸が1%弱含まれるほかは、99%が水分です。無臭でさらさら、透明なのです。

一方、アポクリン汗の場合はかなり特殊で、脂肪、タンパク質、鉄分、色素、蛍光物質、尿素、アンモニアなど、汗とは思えないようないろんなものを含んでいます。粘り気があって、透明ではなく乳白色がかっていたりします。でも、アポクリン汗も、分泌された直後はほぼ無臭なのです。

悪臭が育つ(?!)環境

じつは、ワキガについては現在の段階ではまだそれほど詳しいことは解明されていません。ただ、様々な実験が行われ、いろんな見解も寄せられています。それらを総合していえることは、分泌された液を皮膚上にあるさまざまな細菌や雑菌が分解することで、主に3種類の悪臭を発生する、というものです。

まず、脇の下にあるアポクリン汗腺からアポクリン汗が分泌されます。このままだと粘り気があるため、そこにとどまっていますが、エクリン汗腺から出たサラサラの汗によって溶かされ、脇の下全体にまんべんなく広がってゆきます。それらを、皮膚の表面にある細菌や雑菌が分解、強い臭いを発生するのです。さらに、皮脂腺から分泌された脂肪も加わって複雑に混じりあい、どんどん臭いがきつくなっていきます。これがわきがというわけです。

人によって臭いの種類や強さが違うのは、アポクリン汗を構成する成分の内容やバランスが微妙に違っているせいだと言えそうです。