横浜でわきがにお悩みの方へ~完治の秘訣はクリニック選びにあります!

ワキガの遺伝性

臭いにも遺伝がある

世の中には、体臭のきつい人と薄い人がいます。また、体臭にもいろんな種類があって、人それぞれ独特です。それを「いい」と感じる人、「いやだ」と感じる人がいます。人によっても、許せる臭いと許せない臭いが違うのです。これは、らせんの相手を求めるDNAの神秘だという説があるんですが、ここではちょっと置いておきます。

で、DNAに関することですが、ワキガには遺伝性があります。つまり、先天的な理由が意外と大きいのです。自分の両親のどちらかがわきがだった場合、自分も遺伝している可能性がとても高くなります。その確率は50%です。

私の場合、父が強烈なわきがで、なんともいえないツーンとした臭いがするので、つい「お父さん臭い!」など言ってしまっていましたが、まさか自分もそうだとは最近まで思いもしませんでした。自分に責任はないのに・・・と思うとかなりショックです。でも、親にも責任はありませんからね・・・。

年齢、環境によっても違う

ワキガになりやすいのは、とくに思春期だといいます。赤ちゃんや子供、老人にはまずいません。新陳代謝が盛んになる時期から、出始めるのです。

また性別も一切関係ありません。男性でも女性でも、わきがの人はいます。実際、私は女性ですし・・・。
また、遺伝に関連して言うと、日本人よりも欧米人に圧倒的に多いという統計結果も出ています。日本人が20%に対して、欧米人の80%以上の人が該当するのだそうです。でも海外では、体臭はどちらかというとセクシーシンボルだと言います。気にしている人は、ほとんどいないのだそうです。日本人は清潔好きだから、いやがったり、気にしたりするのでしょうね。