横浜でわきがにお悩みの方へ~完治の秘訣はクリニック選びにあります!

横浜のわきが治療で評判のクリニック » わきがの基礎知識 » もしかして「わきが」?セルフチェックと対策・治療法をご紹介

もしかして「わきが」?セルフチェックと対策・治療法をご紹介

 

わきがは、アポクリン腺という部分から分泌される脂質やたんぱく質、老廃物が汗に混ざることで出る症状で、ひどくなると体臭や汗の臭いがきつくなります。

ここでは、わきがのセルフチェックと対策・治療法についてご紹介します。

 

1分でできるわきがのセルフチェック

わきがは独特の臭いを放つことから、自分で気がついたり他の人に指摘されたりして判明する場合が多いですが、初期段階ではなかなか気がつかないこともあります。まずはわきが体質かどうか、以下の点をチェックしてみましょう。

耳垢が湿っている

耳はわき同様アポクリン腺が多く、耳垢の質でわきが体質かチェックすることができます。耳垢が湿っていたり、べたついていたりする場合はわきが体質である可能性があります。

わき毛が濃い

わき毛は、アポクリン腺が多いほど濃くなる傾向があります。

わきに白い粉がつく

わき毛に白い粉がつく場合は、アポクリン腺からの分泌物が多く、結晶化していることが考えられます。スプレーや制汗剤などをつけていないのに白い粉がつく場合は、わきが体質かもしれません。

わきが体質の親戚がいる

わきが体質は30%の確率で遺伝すると言われています。親戚や家族にわきが体質の方がいる場合は遺伝する可能性があります。

自宅でできる、お手軽わきが対策

わきがは、初期であれば簡単なケアで改善することがあります。まずは原因を突き止め、できることから少しずつ実践していきましょう。

食生活を改善する

アポクリン腺は油分や糖分、たんぱく質の過剰摂取などにより刺激されてしまいます。わきがを改善するために、野菜や果物を中心としたバランスの良い食事を心掛けましょう。また、ニラやニンニクなど臭いの強い物を摂ると、体臭やわきがの臭いが強くなってしまいますので、極力避けるようにしましょう。

肥満体質の場合は改善する

肥満体質の場合は、わきがの症状が出やすい傾向にあります。適度に運動をしながら体質改善を行いましょう。また、ストレスもアポクリン腺を刺激する要因の一つです。ストレスを溜めないように、適度な休息も忘れずにとりましょう。

市販のわきが対策アイテムを使用する

初期症状のわきがであれば、市販のわきが対策アイテムでも改善に期待が持てます。例えばオドレミンといった、わきが用の制汗剤をしみこませたティッシュでわきを拭くことで、アポクリン腺からの分泌物が抑え、症状を改善することができます。

それでもダメなら医療機関での治療がおすすめ

どうしてもわきがの症状が改善しない場合は、専門の医療機関に相談することをおすすめします。

わきがの原因を徹底的に調べ、最も効果的な治療方法を見出すことができます。心理的な要因で症状が出ている場合は薬を処方してもらえますし、わきの状態や症状に合わせてレーザー治療やボトックス注射で治療することもできます。

また外科的な治療法で、皮膚を切り開きアポクリン腺を除去する方法もあります。

実際、長年わきがに悩んでいた方が医療機関を受診し、短期間で完治したというケースは沢山あるのです。また、今は症状がなくとも、セルフチェックでわきが体質という結果が出た場合は、早めにケアすることで予防にも繋がりますよ。